シェルコードバンのお手入れ用品

Cordovan Care Items

Перейти к информации о продукте
1 из 16

* 尾山製材 木工用みつろうクリーム【尾山製材】

Обычная цена $3.00 USD
Обычная цена Цена со скидкой $3.00 USD
Распродажа Продано
Стоимость доставки рассчитывается при оформлении заказа.
容量

  

製材業の、木への深い知識を活かして作り出された、”人と自然にやさしい”クリームです。

「人と自然にやさしい」をコンセプトに、富山県にある尾山製材(株) が作り出した「木工用みつろうクリーム」です。

材木業で培った、木に対する深い知識を活かして作られています。床やテーブル、家具などの木工製品を、乾燥によるひび割れから守り、自然なつやを与えてくれます。

 

革製品にも使えます。

「木工用」とは書かれていますが、皮革製品にも安心してお使いいただけます
特に、コードバンのお手入れにはとても効果的な成分が含まれています。

原材料の蜜蝋には、はっ水効果があり、椿油と菜種油のブレンド油により適度な油分の補給をします。有機溶剤・合成樹脂・乳化剤などは一切含まれておりません。

 

自然素材にこだわって製造された、日本製のみつろうクリームです。

原材料は、国産菜種油・亜麻仁油・椿油・国産ヒバ油・国産蜜蝋です。

尾山製材(株) がこだわって製造した「みつろうクリーム」の使いやすさ、使用感や、その製造に至る物語に感銘をうけ、atelier Lemon & Lime でもお手入れに”おすすめのクリーム”として、紹介と販売をさせていただくことになりました。

尾山製材(株) のホームページはこちらです ▸▸▸

 

【ブレンドされている油の特徴】

菜種油(富山県産)

防腐、防虫効果に優れています

亜麻仁油

撥水性に優れています

椿油

主に人の皮脂にも含まれるオレイン酸で構成され、酸化しにくく浸透性があります

ヒバ油(青森県産)

防カビ、防虫、害虫等の忌避作用があります

国産蜜蝋

尾山製材がオリジナルで製作している天然蜜蝋です

 

Collonil シュプリームクリーム(無色)とセットで使用すると、効果的です!

atelier Lemon & Lime でおすすめの使用方法は、Collonil シュプリームクリーム(無色)と一緒に使用するメンテナンス方法です。
(上記の「コードバンのお手入れ方法」も参考にしてみてください)

 【 使用方法 】

  1. 革の表面を乾拭き、又はブラッシングをし、埃を取り除きます。

  2. 汚れがひどい場合や、革の油分が白く浮き出ている場合は、ブラシや布で馴染ませておきます。

  3. 使いやすいサイズに切った綿の布などに、みつろうクリームを染み込ませます。

    ※ 伸縮性のある布や毛足の長いタオル地など繊維が抜けやすい素材は不向きです。

    布をあらかじめ 5cm × 5cmくらいの大きさに切っておくと便利です。革の色によっては革の染料が布に移る場合があります。革の色に応じて使い分け、使用した布はその都度使い切りにする方が良いかと思います。

  4. みつろうが染み込んだ布で、みつろうを擦り込むように馴染ませていきます。
    強く擦ると色落ちすることもありますので、含ませるみつろうの量を増減させながらムラなく全体に塗り込みます。

  5. 塗った後は、みつろうのシットリ感が表面に残ります。5〜10分ほど時間をおいてから、布で乾拭きをします。

    こちらも、伸縮性のある布は乾拭きが難しくなります。また、繊維が抜けやすい布も、革に繊維が付着しやすいため不向きです。

  6. 仕上げに「Collonil シュプリームクリーム(無色)」を全体に薄く塗り広げると効果的です。
    革の表面に残ったみつろうのシットリ感が馴染んで、サラッとした手触りのつややかな光沢感が加わります。

 

 

容量 / Size

10g
40g
200g

成分 / Ingredients

国産菜種油
亜麻仁油
椿油
国産ヒバ油
国産蜜蝋

配送料 / Shipping Policy

国内発送

ゆうパック(日本郵便)、または
宅急便(ヤマト運輸)

 ご購入金額の合計が、

55,000円(税込)未満
  ▸▸▸  880円 (税込) / 1配送

55,000円(税込)以上
  ▸▸▸  無料 / 1配送


Overseas delivery / 海外発送

All overseas delivery will be delivered by EMS (Express Mail Service, Japan Post).

ご相談 / Contact me


  • Instagram DM
  • E mail
  • Shopify チャット
    (画面右下のフロート)
    "Chat with us" floating button
  • WhatApp (floating button)

※ 実店舗はございません。

製品に関するご質問やご相談がありましたら、いつでもご連絡ください。

If you have any questions or concerns regarding the products, please feel free to contact me. I also accept requests regarding shell colors or stitching colors.

 

 コードバンのお手入れについての読み物です

コードバンのお手入れ方法

潤いのあるHorweenシェルコードバンを育てるためのお手入れ方法です

Horweenのコードバンは、もともとオイル分がたっぷりと含まれたコードバンです。ですが、使用していく中でだんだんと表面がカサカサしてきたり、潤いが失われていくものです。時には、細かな傷が目立ってきたり…
 

 Contents

① コードバンを育てていくためのお手入れとは?
② 用意するもの
③ お手入れ方法

 

コードバン

 
① コードバンを育てていくためのお手入れとは?

お手入れをしよう!と思うタイミングは人それぞれですが、次のようなきっかけが多いのではないでしょうか。

    • 購入したばかりのコードバンを、これから綺麗に使いたい
    • 使っているコードバンに傷や汚れが目立ってしまった
    • 今まであまりお手入れをして来なかったので、お手入れを始めたい


    ここで紹介するお手入れの方法は、上のどの方にも当てはまるものです。コードバンに栄養と潤いを与えて、艶やかさを出す、その2つの工程を行うことでコードバン本来の質感が蘇ります。

    綺麗にコードバンを育てていくいちばんの方法は、お手入れを重ねて味を出すことではなく、コードバンを良い状態に保ちながらたくさん使っていくことです。

     お手入れのポイント

    • コードバン全体に栄養と潤いを補給する (革の内側にもしっかりと)
    • コードバンの表面に艶やかさを戻す

    コードバンを良い状態に保つためのお手入れ

    ぜひ、お手入れを楽しんで下さい!

    Back to Contents ↑  

     
    ② 用意するもの

    コードバンお手入れに使用するクリームは、この2つです。

    • みつろうクリーム (尾山製材) 
    • シュプリームクリームデラックス (コロニル)
    ※ みつろうクリームは、同様の成分のものであれば問題ありません

     

    その他に用意するものは、

    • 埃を払うためのブラシ
      (馬毛のものが最適です)
    • クリームを塗布する為の布 × 2枚〜
      (2種類のクリーム用に2枚以上)
    • 仕上げの乾拭き用の布、又は馬毛ブラシ
     ※ 布は、綿100%で研磨剤などが含まれていないものをお使いください

    Back to Contents ↑  

     

      
    ③ お手入れ方法

    以下の手順に沿って、お手入れを行います。

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    コードバン

    Back to Contents ↑  

    お手入れ製品 / Cordovan Care ▸▸
     
     
     

    おすすめのクリーム 3選

    コードバンのお手入れには、どんなクリームが良いのでしょうか? 

    コードバンコードバン専用や汎用性の高いものなど、世間にはたくさんのお手入れ用のクリームやオイルがあります。
    では、どのようなクリームがコードバンに合うのでしょうか? 

    Contents

    ① 選ぶポイントは?
    ② 動物性と、植物性の違いは?
    ③ おすすめのクリーム 3選とは?
     ▸ シュプリームクリーム (コロニル)
     ▸ 木工用みつろうクリーム (尾山製材)
     ▸ コードバンクリーム (サフィール)
    ④ お手入れの頻度は? 

    実際には、市販されているクリームはどれも、革に良いものばかりです。使用されている成分や配合によって差は出てきますが、正直なところたくさんの種類がありすぎて迷ってしまいますね。  

      
    ① 選ぶポイントは?

    コードバンのお手入れに大事なのは、次の2点です。

      • 革に栄養と潤いを与えること
      • 表面に艶やかさを与えること

    この観点から、コードバンに良いクリームは何かを考えてみました。

    ポイントとしては次の通りです。

      • クリームの塗りやすさ
      • 革への浸透のしやすさ
      • 塗った後に手触りの良さ
        (ベタつかない、など)
      • 効果のわかりやすさ
        (ツヤの出方や潤い感、など)
      • クリームの匂いやテクスチャ

    この中で気をつけたいのは、いくらコードバンに栄養を与えるものでも、お手入れの後にベタついたり、匂いや手触りなどが好みに合わないものは選ばないようにすることです。
    お手入れそのものが億劫になったり、手が遠のいてしまっては、本末転倒です。お手入れそのものも楽しむことが大切です。 

     Back to Contents ↑  

      
    ② 動物性と、植物性の違いは?

    市販のオイル、クリーム類の成分には、動物(由来)性のもの植物(由来)性のものがあります。ここでは、いろいろなクリームの成分表記に見かけるものをいくつかピックアップしてみました。

     主な動物(由来)性の油脂

      • ミンクオイル
      • ラノリン
      • みつろう
      • ニートフットオイル など 

    主な植物(由来)性のオイル

      • 菜種油
      • 椿油
      • ホホバ油
      • シダーウッドオイル など

    主な動物(由来)性の油脂です。

    ミンクオイル

    ミンクの皮下組織にある脂肪層から作られる油脂です。革への浸透性が高いので、オイルドレザーのメンテナンスなどによく使われています。低い温度でも溶けやすく塗りやすい、という性質を持っていますが、革の中に留まりやすいため、古くなった油脂が固まると革が硬くなったり、ひび割れを起こす可能性もあります。

    ラノリン

    羊の皮脂分泌物から精製されるロウ成分で、英語ではwool wax、wool greaseと呼ばれます。革への浸透力が高く、保湿効果も高いことから、皮革用や化粧品などに副成分として多く使われています。また、防水性とともに、潤滑剤などにも使われるような表面を滑らかにする効果があります。

     みつろう

    ミツバチが巣を作る際に分泌する蝋を精製したものです。皮革に浸透しやすく保革性に優れています。

    ニートフットオイル

    牛脚脂と呼ばれるオイルで、牛脚の脂肉と骨から抽出される油脂です。皮革への浸透性が高く、塗りやすい反面、酸化も早いため皮革の色が濃くなりやすい、エイジングが促進されやすい、という特徴もあります。

    主な植物(由来)性のオイルです。

    ホホバオイル

    化粧品などにも使われる、ホホバの実から採取される油分です。浸透性が高く、酸化しにくい性質のため、保革効果に優れています。

    シダーウッドオイル

    針葉樹のシダーウッドから精製される精油です。アロマオイルやマッサージオイルなどにもよく使われています。また、防腐・防虫効果のある成分も含まれているため、革への防カビ効果などにも期待されます。

    では、動物性と植物性とで、効果に違いはあるのでしょうか?

    一般的に、動物性の方が革の内部に油分が留まりやすいのに対して、植物性のものは浸透性が高い反面、比較的革には残りにくいという特徴があります。

    また、動物性の方が植物性に比べるとベタつきやテクスチャの硬いものが多い傾向にあります。 

     Back to Contents ↑  

      
    ② おすすめのクリームを3つ選びました

    上で見たような成分の違いを元に、コードバンにおすすめのお手入れ用クリームを3つ選びました。

  1. シュプリームクリーム (コロニル)
  2. 木工用みつろうクリーム (尾山製材)
  3. コードバンクリーム (サフィール)
  4. これらは、実際にコードバンのお手入れに使用してきた中で、塗り(使い)やすさ浸透しやすさ効果のわかりやすさその後の効果の出方匂いやテクスチャなどの使い心地、をもとに選びました。

    もちろん、これ以外のクリームが良くない、ということではありませんので、この内容を参考に、お気に入りのクリームを見つけていただければと思います。

    コードバン


     Back to Contents ↑  

      
    シュプリームクリーム (コロニル)

    コードバン

    コードバン

    革のお手入れではとても有名なクリームの一つです。

    乳化性クリームの中では、匂いや手触り(テクスチャ)、塗りやすやなどの使い心地がとても良いクリームです。日常的なお手入れに使用でき、塗った後の仕上がりもサラッとした手触りとツヤが出てきます。

    また、ラノリンとフッ化炭素樹脂の効果で、革の表面に若干の撥水効果をもたらします。
    (強力な防水効果は、革の表面に対してマイナスな効果を与える可能性があります。そのためここでは、防水効果をもたらすお手入れは含めていません) 

     Back to Contents ↑  

      
    木工用みつろうクリーム (尾山製材)

    コードバン 

    コードバン

    実は、「蜜蝋」はコードバンととても相性が良い成分です。ただ、蜜蝋のみだとどうしてもベタついたり、塗った後の革の手触りが気になってしまします。

    そんな蜜蝋の中で、この「木工用 みつろうクリーム」は木製品のお手入れを第一に考えられた天然成分のみのクリームのため、浸透性とその後の手触りの良さで、お手入れがとても楽しくなります。

    製品には「木工用」と「皮革用」の2種類がありますが、atelier Lemon & Lime のおすすめはこの「木工用」になります。(この両者では、成分にも若干の違いがあります)

     Back to Contents ↑  

      
    コードバンクリーム (サフィール)

    コードバン

    コードバン

    名前に「コードバンクリーム」とあるように、コードバンのお手入れを考えて作られたクリームです。ただし、実際に使用してきた感想としては、やや硬めのテクスチャとベタつきやしっとり感が革に残るため、頻繁なお手入れ用よりも定期的な栄養補給、といった用途で使用しています。

    主成分の蝋や牛脚脂の成分が、コードバンへの栄養補給としっとり感の回復に適しています。 

     Back to Contents ↑  

     
    ④ お手入れの頻度は?

    どのくらいの頻度でお手入れをするのが良いのでしょうか?

    これには実は、正解はありません。
    ブランドや作り手によっては、数ヶ月から半年程度は何もしなくても問題ない、という意見もあります。反面、こまめにお手入れをする方が良い、という考えの方もいます。

    実は、方法や使うクリームを間違えない限りは、やりすぎ、ということはありません。もちろん過度なお手入れは、効果がないというよりも効果が飽和状態になります。
    そこで大切なのは、使用頻度などをみながら今の革の状態をよく知ることにあります。

    コードバン

    こちらが、お手入れの頻度の参考例です。

    毎日使用する製品であれば、上の表のように週一回くらいの A を、月一回程度の B を、季節の変わり目などの節目に C を、という頻度がおすすめです。

    また、使う頻度が少ないものであれば、B のみ、C のみ、などと革の状態に応じて使い分けてみてください。

    コードバン

    ぜひ、楽しんでお手入れをしてみてください!

     Back to Contents ↑

    お手入れ製品 / Cordovan Care ▸▸

     

     
     
     

    その他のお手入れ用品

    More items you may like